博多のとり皮で有名なお店はココ!とり皮を食べるなら「かわ屋」がおすすめ

九州
スポンサーリンク

博多で有名な料理と言えば、水炊き、もつ鍋、ひと口餃子などが有名ですが、とり皮も有名ですよね。

博多のとり皮は、鶏のネックの皮が使われてます。
先日テレビでも放映されていましたが、串に皮をまきまきして、じっくり焼きます。その後特製のタレに漬け込む。さらにじっくり焼いて漬け込む。その操作を6日間ほど繰り返して完成させるのが「かわ屋」のとり皮です。


私が行ったのは博多でも超有名なこの人気焼き鳥居酒屋「かわ屋」さん。

ここは本当に人気店で、事前に予約していったので入れましたが、当日行くと人がいっぱいで入れないこともあるようです。

19時に入りましたが、既に多くのお客さんに大賑わい。

でもこのお店は駅から少し歩きます。一番の最寄り駅は薬院駅です。

注文して出てくるのは熱々のとり皮です。
外はパリパリで中はジューシー。奥まで味が染み込んでいて噛むほどに濃厚なうま味が口の中に広がります。
そんな手間をかけたとり皮がなんと1本100円!

ドリンクの生ビール中は500円でキリンかアサヒから選べます。

「かわ屋」お通しはキャベツ。大皿にざっくりときます。塩だれをかけて食べますが、このキャベツはお代わり自由!

そして最大の名物であるとり皮、ファーストオーダー時に最高注文本数を聞かれます。

そして、とり皮の次に美味しかったのが「ささみのしぎ焼き」。


これはささみの表面をあぶって、わざび醤油がかかっています。中身はレア状態で、とても柔らかいのです!鳥刺しを食べているような感じです。ただわさびが苦手な人はかなりツンと来るので注意です。
お寿司などお醤油とわさびの組み合わせが好きな人には病みつきになる一皿です。
これも美味しすぎて2皿食べてしまいました^^

店員さんはみんな元気で、接客もとてもいい感じですよ。

このお店は予約しないとなかかな入れないお店です。行きたい方が電話で予約して行くことをおすすめします。

 

【基本情報】

名称:焼鳥 かわ屋
所在地:福岡県福岡市中央区白金1-15-7 ダイヤパレス 1F
電話番号:092-522-0739
営業時間:17:00~24:00(L.O.)
休業日:年中無休

席数:23席

貸切:不可

駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

アクセス:
西鉄・地下鉄七隈線薬院駅より徒歩約5分
薬院駅から386m