小さい子供さんもOK!大宰府遊園地はおすすめ観光地

スポンサーリンク
観光地・地域

5歳以下の小さな子供さんも楽しめるだざいふ遊園地に行ってきました!

4歳の息子を連れて行ったのですが、ほとんどのアトラクションにのれて大満足でしたよ。

ではだざいふ遊園地に行った感想について写真付きで紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは駐車場へ

車で太宰府まで行ったのですが、太宰府天満宮の近くに駐車場があったので、そちらへ。

この日は日曜日だったのですが、意外にも人が少なかったようで駐車場にすんなり入れました。

ちなみに軽自動車・普通車は一日停めて500円。

周辺のパーキングは時間によっては500円以上かかるので、まぁお得なんじゃないかと思います。

駐車場から太宰府天満宮まで、商店街を歩きました

駐車場を降りたらすぐに太宰府天満宮…というわけでなく、商店街を5~10分程度歩いていく感じです。

歩いていくときは両サイドにお店が立ち並んでいるので、観光の人でにぎわっていました!

飲食店からおもちゃ屋、和柄の雑貨屋さんなどたくさんのお店があって楽しかったですよ~。

なんと中には日本では大人気のこのキャラも…

こちらのお店には入っていないんですが、恐らくジブリショップでしょうね。

大きなトトロがお店の前で出迎えてくれました。

とりあえず行きは荷物を増やすわけにはいかないので、帰りにお店に寄ろうということで太宰府天満宮までの道をゆったり歩きます。

太宰府天満宮に到着!遊園地まで散歩

太宰府天満宮前の鳥居に到着!

遊園地はこちらの敷地内にあるので、鳥居をくぐって進みます。

遊園地ってどっちにあるんだろうね~と言いながら進んでいくと、看板を見つけました!

敷地は結構広いし、遊園地らしきものは全く見当たらないのでとりあえず矢印の方向に進みます。

すると大きな池が。

池の中には鯉がたくさん泳いでて、鳥も数羽見つけましたよ!

よく晴れていたので散歩気分でゆったりと歩けました。

…ちなみに私が通ったのは大きな階段の道ではなく、脇道です。

だざいふ遊園地に行く道は大きな階段を通る道と脇道があったのですが、階段の方は大勢の人でごった返していたので脇道を選んでいきました。

人混みが嫌な人は脇道を探してください!

だざいふ遊園地に到着!

鳥居をくぐってから10分程度で遊園地に到着しました~!

入り口から入って、入園券を購入します。

ここ、小さい遊園地なせいかとにかく安い!!

大きな遊園地って入園料だけで1000円以上のお金がかかるのに、ここは大人一人500円です。

3~歳から小学生までの子供と、65歳以上のシニアは400円です。

もちろんフリーパスもあります。

フリーパスは大人も子供同一2500円。

…なんですが、子どもと保護者が一緒に購入した場合は2000円に割引されます!

2500円でも遊園地のフリーパスって考えたら結構安いですけどね。

早速遊園地の中へ!

中に入ると一番に目についたのが子どもが大好きな乗り物。

お金を入れると勝手に動いてくれる車です。

アンパンマンとトーマス、パーシーなんかがありましたよ。

息子も当然飛びついて、早速トーマスにのって遊んでました(笑)

その右にはテントウムシのメリーゴーランド的な物。

左のテントはちょっとした休憩所。

椅子がたくさん用意されていて、自販機もあるので入ってすぐに休憩できます(笑)

それからさらに進むと、今度は像のメリーゴーランド的な物。

息子はこれには反応せず(笑)

像の後ろにSLの模型がありました。

乗れはしないんですが、中々大きな模型なので見ごたえはありますよ!

写真を撮り忘れたのですが、船とサイクリングの乗り物がありました。スカイサイクルとスカイシップという名前です。

どちらも息子がのりたがったので乗っていましたが、サイクルの方はもちろん足が届かないので、一緒にのった母が頑張って漕いでいました(笑)

息子がアトラクションを楽しんでいる間、周りを見渡してみると…

カンガルーのスカイフォールですね。

でもこれ、見てのとおりすっごく小さいです。某遊園地で見たものの5分の1くらいのサイズ?

これ子どもでも乗れるみたいで、5~6歳の子供が一人で乗っていました。

そしてその横にドクターイエローのような遊具。

ゲーセンでも見かけるやつですね。

息子がスカイサイクルに満足したところで、さらに先に進みます。

この赤いレール、ジェットコースターです。

ここまでの写真を見てお分かりになると思いますが、だざいふ遊園地はとにかく対象年齢が低いです。

本当に小さい子でも楽しめるアトラクションばっかなので、大人からすれば少し退屈かもしれないですね。

ですがこちらのジェットコースターは別。

これは大人でも充分に楽しめます!

大人でも楽しめるので子供は無理かなーと思ったのですが、何と身長制限がなく、4歳から乗れるとのこと。

というわけで息子は初めてのジェットコースターでした。

それなりに長くてそれなりにスピードも速かったです!

回転とかはしないものの、絶叫系が大好きな私でも楽しめました。

…息子は泣いていましたが(笑)

ジェットコースター乗り場の近くに食べ物屋さんがあったので、そこでお昼休憩。

ピザやらうどんやらたくさんあったので、大人から子供まで食べられるものが揃っています。

座席も多いですが、建物の中ではなく外なので冬は結構寒いかもしれません。

あと、食べ物屋さんの二階には室内の遊び場がありました。

ボールプールとか室内用のおもちゃが完備してあるところですね。

赤ちゃんとなるとアトラクションは無理なので、赤ちゃん連れなら室内の遊び場がいいかもしれません。

それからさらに先に進むとゴーカート乗り場がありました。

こちらも最初に見たアンパンマンやトーマスの乗り物のように、車にお金を入れたら勝手に走り出すタイプ。

でもこちらはアクセルやブレーキがあるようで、お金を入れたら本物の運転が体験できます。

息子は車が大好きなので、二回乗っていました。

ここからさらに上もあったんですが、上にはトイレしかなく、アトラクションは何もありませんでした。

というわけで引き返して入口の所へ。

入り口には大きめのトイレがありました。

中は最新設備が整っている!というわけではないのですが、普通に綺麗なトイレです。

おむつ替えのベッドも完備してあるので、赤ちゃん連れでも問題ありません。

ただ男子トイレにはおむつ替えのベッドがないので、パパがおむつを替える時は車いす用のトイレで変えると良いです。

滞在時間は約2時間。子どもが充分に楽しめます!

入り口から乗り物をいくつか乗って、全て回り終わるまで約2時間というところでした。

室内の遊び場に行ったら恐らく3時間以上かかると思いますが、外でずっと遊ぶなら結構早い時間で散策を終えることができます。

この時、フリーパスを買わずに入ったのですが、子どもが3歳以上で乗り物が好きならフリーパス買っておいた方が良いかもしれないです。

だざいふ遊園地って規模が小さいせいか日曜でもお客さんがまばらなので、基本的になんでも並ばずに乗れます。

つまりフリーパスを買っておけば待たずに好きなだけ乗り物に乗れるってこと。

大人は退屈ですが子供には楽しい場所だと思うので、子どもの分と保護者一人分くらいはフリーパス買っておいた方がお得です。

あと遊園地内のスタッフさんも結構少ないので、乗り物乗り場にスタッフさんは常にいません(笑)

でも近くに必ずいるので、乗りたいアトラクションの近くにスタッフさんがいなかったら近くを探して呼んでください。

帰りは商店街でつまみぐい

遊園地でたくさん遊んだら小腹が空いたので、行くときに通ってきた商店街でつまみぐいができました。

梅ヶ枝餅はもちろんですが、博多土産のめんべいの店もおすすめです!

ソフトクリームやシソ・明太などがトッピングできる焼きおにぎりも売ってました。

シソと明太のおにぎりを食べましたが、中々美味しかったですよ~!

写真を取り忘れたのが心残りです…行った方はぜひ食べてください!本当に絶品でした。

小さい子供がいる家族におすすめの遊園地でした

小さい子供も喜ぶ遊具があるだけでなく、遊園地のアトラクションも小さい子供向けに作られています。

普通の遊園地では子供の身長制限などがあって全然アトラクションにのれない…という人でも、ここなら絶対に色々乗れるのでおすすめです!

遊園地で遊んだあとは太宰府天満宮に行くこともできますし、駐車場までの道に立ち並ぶお店も見ごたえがあって楽しいですよ。

太宰府に行く用事がある人は、ぜひこちらに行ってみてください!

だざいふ遊園地(クリックすると公式サイトにジャンプします)

住所:〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7-8

電話番号:092-922-3551

休園日:不定期(トップページから確認)

アクセス方法:周辺に駐車場あり

電車で行く場合:西鉄大牟田線(特急・急行)を利用され、西鉄二日市駅で西鉄太宰府線で乗り換え太宰府駅で下車