翠明に宿泊して加賀温泉を満喫!

ホテル・宿泊情報
スポンサーリンク

私は今月、友人と石川県にある加賀温泉の翠明という旅館に宿泊をしたので紹介していきたいと思います。

まず、私は愛知県に在住しているので名古屋から定期的に運航している高速バスで石川県に向かいました。

新幹線より安価ですが、朝の8時40分出発で石川県に到着したのがお昼前の11時30頃で少し時間はかかりました。

バスに乗り慣れていない方は往路で疲れてしまうので自分の体力に合わせて選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

金沢で豪華海鮮丼

金沢に到着したころにはお昼時だったので、有名な市場に向かい特産物を探しました。

そこで見つけたのは海鮮丼ですが、平日にもかかわらず店内は満席となっていました。

諦めたくなかった私たちは店の外のテーブルで食べることを決めましたが、3月の石川はとても冷え込み雪も残っているほどで、震えながらひざ掛けをして食べたのはいい思い出です。

この海鮮丼2000円で満腹になり、さらに野外での飲食者へのサービスとして焼き魚もサービスしていただけました。こういった特典がついてくると得をした気分になりますね。

まだまだ観光をしていたい気持ちはありましたが、予約をしていた旅館の送迎時間が迫っていたので、ひとまずは石川駅へ。

加賀温泉駅までの切符を購入してから驚いたのは、なんと今時珍しく改札機が設置されていないのです。改札機が存在しない分駅員さんに切符を切ってもらうという懐かしい体験をすることができ、話が盛り上がりました。

加賀温泉駅までの電車は各駅に到着するごとに乗車または降車する人が電車についているボタンを押して開閉するというこれまた懐かしいシステムで、日常とは離れているという感覚をいろいろなところから感じることができました。

目的の駅に到着したころには送迎の旅館関係者の方が待機しており、旅館に到着する25分ほどの間おすすめの観光地やおいしい食べ物を教えていただきました。

翠明に到着

今回私と友人が宿泊した部屋は部屋の中に温泉が備え付けられており、館内にも大浴場で温泉を楽しむことができるというものでした。客室に温泉が備わっている部屋での宿泊経験がなかった私は過度な期待をせずおまけ程度に考えておりましたが、実際の温泉は想像していたものよりずっと立派で、チェックアウトをするまでの間のほとんどを温泉に浸かることに時間を費やしてしまうほど。

また、朝一番に起床して大浴場にも出かけましたが、やはり温泉が広く外にも温泉など、客室とはまた違う雰囲気があり飽きることがありませんでした。

朝食と夕食のセットになったプランを選択したのですが、どちらも部屋まで配膳していただき、ゆったりとした空間で石川名物のご飯を頂くことができました。

翌日も兼六園や美術館など石川の有名な観光地を回りましたが、バスで到着してそのまま観光をするよりも疲れが取れた後の観光のほうがより楽しむことができ、帰るのが惜しいと感じるほどでした。

復路はバスではなく、シラサギに乗ってゆっくりと帰ってきました。電車一つでも乗ったことのない電車というだけで旅行気分です。

みなさんも旅行に出かける際には往路と復路にも変化を付けることによって、新鮮な時間を作り出せるかもしれないので私からのおすすめです。初の石川旅行は大満足に終わり、また旅行で訪れたい場所となりました。

 

宿泊場所 石川県加賀市 翠明