気持ちが晴れ晴れ! 見所いっぱいの銚子旅

ある休日、このところいろいろと調子が悪かった私は験担ぎで銚子へ行ってきました。

最近では経営危機から物販などの副業により復活した鉄道会社の話題でも注目を集めていますが、以前から銚子は漁港、醤油の町として知られています。その他、温泉施設やレアなカメラが展示されている博物館などもあり、楽しめる場所がたくさんあります。

【銚子電鉄の改札口前】

朝一番で東京から特急電車に乗り約2時間、昼前頃に銚子へ到着し、電車からホームへ降りると潮と醤油の匂いがほのかに感じられました。やはり銚子は漁港、醤油の町なのだという事を再認識しました。

JR線銚子駅側から見た銚子電鉄の改札口前

まずは、定番ではありますが銚子電鉄に乗り犬吠崎へ行きました。

【犬吠埼の灯台】

近くには太平洋を一望できる地球が丸く見える丘という場所があり景色を楽しみました。

【ウオッセ21】

それから水産物即売所があるウォッセへ行き、昼食をとりました。とれたばかりの海の幸が詰った海鮮丼はとてもおいしかったです。

【犬吠埼の灯台以外にも見所のある銚子の町】

再び、銚子駅へ戻り周辺を散策しました。この辺りは寺社が多数あり、松尾芭蕉の句碑がある寺もあるそうで知る人ぞ知る場所が点在しています。歩きまわっていたら少し小腹が減り、飯沼観音の近くにあった和菓子屋で「犬吠の月」という栗を使ったお菓子を食べたら美味しくて3個くらい食べてしまいしばらく動けなくなりました。写真を撮るのを忘れました!(・_・;)

利根川に架かる銚子大橋

【かもめホテル】

あたりが暗くなってきた頃、そろそろ朝から動いていたため疲れも出てきたので宿へ行く事にしました。泊まった所は「かもめホテル」です。特別な施設は無くこじんまりとした所でしたが、ここに来るまでの間すでに絶景、グルメなどを充分満喫したので、コスパも割と良いし1人寝るだけには最適でした。安くて!あたたかみのあるほっとするホテルです!

夕食はホテルから少し歩いた所にコンビニがありそこで購入したもので済ませてしまいました。朝になると部屋にもよりますが窓の外を見ると利根川に架かる茨城県側へと結ぶ銚子大橋が見えて素敵でした。

【感想】

今回は冬に行ったので朝晩に外へ出ると冷えましたが、夏場はホテルから利根川の河口まで近いので夕涼みへ行くのもいいかもしれません。

とても楽しく過ごせましたので、また銚子へ行きたいなと思っています。(^v^)

★★★ おすすめリーズナブルなホテルへ! ★★★





【情報】

かもめホテル
住所〒288-0041千葉県銚子市中央町9-32
TEL0479-22-6255

★★★ ワンランク上のホテル ★★★



★★★ 全国人気の温泉へ ★★★


★★★ JRを利用するならここ! ★★★

★★★ おすすめレンタカーでどこでもすいすい! ★★★


★★★ カーシェアでお手軽簡単どこでもらくらく! ★★★
★★★ 離れていても予約飛行機ですいすい! ★★★







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする